題名
 アウトドアってどんなの?
 アウトドア何が必要?
 怪我した!応急処置だ!
 どこでできるの?
 日焼け

日焼けは海水浴の場合だけだと思っていませんか。実は山でも日焼けをしてしまうのです。
日差しが強くない曇りの日でも、紫外線は降り注いでいます。
そのせいで日焼けをしてしまうのです。
また、冬でも、日焼けをしてしまいます。
冬に気を付けないと行けないのが、雪やけです。日焼けや、雪やけと言うのは、自分が気付かないうちに進行をしていて、気付いた時には、もう、肌がヒリヒリしている状態になってしまいます。
日焼けと言うのは、火傷です。軽めの日焼けなら自然に治るのを待てばいいのですが、酷いと、病院に行ったり、傷跡が残ってしまう場合もあるのです。

 

日陰の涼しい場所に移動をします
タオルを水で濡らして患部を冷やしたり、市販されている、アイスパックを使用するといいです。
しかし、注意をする点があります。アイスパックなどを利用する時は、直接肌に付けないようにしましょう。薄いタオルや、ガーゼなどを敷いてから上からアイスパックを当てます。
水分がついていたら、ちゃんとふき取ります。
水泡が出来てしまうぐらい、酷い日焼けの場合には、火傷の時とおなじような処置の仕方をします。
また、水泡はつぶさないように気を付けて下さい。
つぶしてしまうと、傷跡が残る可能性があります。
日焼けは予防が大切です。日焼け止めのクリームを塗ったり、長袖の服などを着て、肌をあまり太陽に当てないようにしましょう。
日焼けの度合いにもよるのですが、基本的には、火傷と同じような処置をします。
なるべく、市販の薬は塗らないようにしましょう。

 

  ばなー  ばなー  ばなー  ばなー  ばなー  ばなー