題名
 アウトドアってどんなの?
 アウトドア何が必要?
 怪我した!応急処置だ!
 どこでできるの?
さて、シュラフです。
シュラフとは?聞き慣れない物ですね。簡単に言ってしまえば寝袋の事です。これも種類があるので、自分のスタイルに合わせてそろえましょう。
封筒型

大きくて、長方形の形をしているので、ゆったりと寝る事が出来ます。さらに、横にファスナーがついていて、これを調整して開ければ、中の温度調節をすることも出来ます。
また、ファスナーを全開にすれば、マットなどとしても使う事が出来ます。
ですが、大きさがありますので、収納の時にはちょっと邪魔になります。

 

マミー型

体にフィットする形になっています。みの虫みたいな形ですね。
寝袋と言えばこの形を思い浮かべる人が多いかも知れません。
これは、体にフィットしているんで、保温性にも優れて、頭まで被せる事が出来るので、体全体を保温する事が出来ます。
冬でのアウトドアではこのタイプがいいでしょう。
使わない時には小さくたたんで置けるので、場所をとりません。
ですが、体にフィットするので、慣れないと、寝にくいかもしれません。

 

夜の必需品ランタンを選びましょう

山や、海では明かりはありません。真っ暗です。
夜でも活動をする事ができるように、ランタンを準備しておきましょう。
ランタンは使う燃料で種類が違って来ますので、使う場所などで種類を選ぶようにしましょう。

ガソリン式

燃料となる、ガソリンは安いですし、長い時間使う事が出来ます。もし、キャンプ場にお店があればすぐに購入する事も出来ます。
ですが、操作をするのには慣れていないといけません。
燃料を多く入れてしまうと火が強くなってしまって危険ですし、燃料を入れる時に、こぼしてしまう可能性もあります。
ほかにも、操作をしないといけない部分がありますので、初心者には向いていないかもしれません。

 

ガスカートリッジ式

ガスカートリッジ式のランタンは簡単に使えますので、初心者でも楽にそうさが出来ます。
また、種類や、サイズなども沢山ありますので、自分の好みの物を選ぶ事が出来ます。
ですが、気温や、気圧からの影響を受けてしまいますので、どこで使うか、いつの季節に使うかによって、使えるランタンが決まってきます。

 

乾電池式

一番初心者向きと言えるランタンです。
なんと言っても安全です。電池で明るくしますので、懐中電灯とおなじです。
また、テントの中でも使用する事が出来ます。
ですが、光が少し弱いと言うデメリットがあります。
最近では、光が強いタイプも出てきているみたいではあります。
このタイプを購入するときには、どのくらいの明るさかも確認をしておく必要があります。

 

ランタンの使い方

ランタンを使うときには、メインと、サブと言うように、使い分けをするといいでしょう。

メインとなるランタンは、大きな種類を選んで、全体を明るくするような使い方をします。
設置をする場所も、中心から少しはなして置いておきましょう。

小さいランタンはサブとして使います。
テーブルなどに置いて、細かい所まで見えるようにします。
もし、テントの中に、ランタンを置く場合には、電池式を使うようにしましょう。

ガスなどを使うと、危険です。

 

次は、無くても一応大丈夫ですが、あると便利なグッズです。
便利なグッズを見に行く→

          

 

  ばなー  ばなー  ばなー  ばなー  ばなー  ばなー